• 153

PERRY

フレッドはRePOP CAMber(*)を好んで乗っていましたが、GOLDIE CAMber(*)のボードにも興味を覚えました。彼は両方の利点を持つモデルを望んでいたため、A.M. CAMberと名付けたこの構造を採用しました。それはフラットをベースに若干のリバースキャンバーをミックスし、ジブ・パークライディングで真価を発揮するデザインです。   (*)RePOP: LARSONに採用のセンター部フラット、ノーズ&テールにノーズ&テールにリバースキャンバーの構造。(*)GOLDIE: DWDが名付けたフラット構造。

riser_camber

"SIZE"

153

"PRICE"

78,000yen + tax